資産管理おける不動産の位置付け

不動産

金融資産が多様化した今ではポートフォリオにおいて占める割合は減ってきてはいますが、まだまだ資産としては人気です。権利収入として不動の人気をほこります。不動産を保有する上で注意すべきことを以下に記します。

  • ポートフォリオにおいて9割不動産ではほとんど集中投資なので割合を減らすこと
  • 偏った地域に不動産を保有するのではなく多様な地域で不動産を保有すること(海外も含む)
  • 一時的なトレンドによる収益性の高さに安堵しないこと

以下から記事一覧です

中長期見通しで最も有望な市場を探せ!国内株式と不動産投信の買い時

中長期見通しで最も有望な市場を探せ!国内株式と不動産投信の買い時

2018年に入って相場が大きく動いています。定期預金の場合は利回りだけで元本の変動はありませんが、投信や金、為替は元になる指数の上げ下げが重要なので、できるだけ底値で買って高値で売ると、いう相場を判断 …

中長期見通しで最も有望な市場を探せ!国内株式と不動産投信の買い時

中長期見通しで最も有望な市場を探せ!国内株式と不動産投信の買い時

2018年に入って相場が大きく動いています。定期預金の場合は利回りだけで元本の変動はありませんが、投信や金、為替は元になる指数の上げ下げが重要なので、できるだけ底値で買って高値で売ると、いう相場を判断 …

投資対象のレバレッジについて検証・開設!レバレッジが高い投資はどれだ!?

投資対象のレバレッジについて検証・開設!レバレッジが高い投資はどれだ!?

投資にはかならず「レバレッジ」という考え方が重要になります。手持ちの資金だけでの投資には限界があるからです。レバレッジは、投資資金の何倍トレードできるかによって表されます。たとえば10万円の証拠金で1 …