NISAって何?基本から口座の作り方までわかりやすく解説!

資産運用




Advertisement

NISA口座ってなに?

税金が取られない枠

NISAとは、少額投資非課税制度のことで、年間120万円以下の投資で得た利益が非課税となる優遇制度です。2014年1月にスタートした、国民にもっと銀行預金や貯蓄を投資に使ってもらおう、という目的のもとに始められた制度です。

この制度の開始以来、NISA口座を毎年変更することが可能になったり、非課税投資枠が100万円から120万円に増額されたりと、どんどん便利になってきています。

概要

NISA口座の対象者

日本在住の20歳以上の人(口座開設する年の1月1日現在)

NISA口座のだと配当などが非課税に

株式、投資信託等への投資から得られる配当金、分配金や譲渡益

NISA口座の開設可能数

1人1口座

口座毎の非課税投資枠

新規投資額で毎年120万円が上限(5年間で最大600万円)

口座毎の非課税期間

最長5年間

NISAのメリットは?大きいNISA口座の作り方

NISA口座を作ってみよう

まずは口座を開設する金融機関を決めましょう。証券会社や銀行によって、株式売買手数料も取り扱う金融商品(株・投資信託)もサービスも様々です。例えば、銀行では投資信託は買うことができますが、株は買えません。証券会社では、一部投資信託の取り扱いがないことがあります。

大手の金融機関のサイトは一通り見てみて、比較してみましょう。

NISA口座選びのコツ

一口にNISAと言っても、たくさんありすぎてどれを選べばいいかわかりませんよね。そこで、最低限見るべきポイントを2つだけお伝えします。

自分が金融商品は購入できるか?

例えば、株式のみを買って投資をしていきたいと思っている人が銀行にNISA口座を開設しても、銀行では株を買えません。

自分の投資プランをある程度考えておきましょう。綿密に練る必要性はありませんが、無計画にNISA口座を開設してしまうことは避けましょう。

開設する証券会社の売買手数料は高くないか?

大手のネット証券会社だと、国内株式の取引手数料はあるところが多いです。また、投資信託についてノーロード型の投信を多く扱っているネット証券もあります。迷った方はとりあえず大手ネット証券から選ぶのも良いでしょう。

こちらも重要な項目なので、口座開設前にしっかりとリサーチしておきましょう。

NISA口座開設の流れ(ネット証券の場合)

NISA口座を作ろうと決意しても、NISA口座だけを作ることはできません。まずはその証券会社の総合口座を作ってからNISA口座を開設するという流れになります。

  1. 証券会社のWebサイトから総合口座を開設
  2. NISA口座開設の書類を請求
  3. 届いた書類に必要事項を記入して返送
  4. 1〜2週間で口座開設が完了
  5. 取引開始


NISA口座にして損をするケース…

NISA口座だと損益通算ができない

メリットしかなさそうなNISAですが、実はデメリットもあります。それは、損益通算ができないということです。

損益通算とは、利益と損失を足し合わせることをいいます。A証券(特定口座)で10万円の利益を出したとします。しかし、B証券(特定口座)では10万円の損をしてしまいました。この場合、損益通算により利益は0となり、課税されずに済みます。

しかし、NISA口座は損益通算ができないので、こんなことが起きます。A証券(特定口座)で10万円の利益を出したとします。しかし、B証券(NISA口座)では10万円の損をしてしまいました。この場合、A証券で得た利益10万円をB証券で出した10万円の損失で打ち消せないので、A証券での利益10万円に対して約20%の課税がなされます。

いろいろなNISA口座

ジュニアNISA

ジュニアNISAは、0〜19歳を対象にした少額投資非課税制度です。実際に管理、運用を行うのは親権者等になりますが、世帯としての非課税投資枠を増やすことができます。非課税投資枠は子ども1人あたり80万円です。例えば、未成年の子ども2人を持つ世帯であれば、120+120+80+80=400万円までの投資で得た利益について、毎年非課税となります。

ジュニアNISAじょデメリットとしては、子どもが18歳になるまでは払い出しができないということです。途中で払い出すと課税されます。子どもの大学進学にかかる費用を個人の資産運用によって得てもらおうという狙いもあります。長期的な資産運用の方法の一つと捉え、余剰資金で投資を行うようにしましょう。

つみたてNISA

つみたてNISAは、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度で、2018年1月にスタートした新しい制度です。利用者は、一般のNISAかつみたてNISAのどちらかを選ばなければなりません。両方とも並行して使うことはできません。一般のNISAとはどう違うのでしょうか。

つみたてNISAは非課税投資枠が年間40万円と低くなっている代わりに、非課税期間が最長20年と長いです。非課税投資枠は20年間で最大800万円になります。1年で120万円も投資に使えるお金がない方や、10年20年長期投資によって資産形成を考えている方にオススメの制度です。

まとめ

NISAは、一般市民の投資を促そうという目的もあり、とても嬉しい内容の制度です。簡単にNISA口座は開設することができます。さっそく作ってみてはいかがでしょうか?







資産運用


  1. […] NISAの登場以降、日本でも投資による資産運用への注目は飛躍的に高まってきました。本記事では、資産運用に適した投資商品を紹介して、それぞれのメリット・デメリットを解説いたします。 […]

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

資産運用!所得別 貯蓄別の人気な金融商品は?リスク・リターンを解説

子供の頃、お正月にもらったお年玉は銀行に預けておけばかなり増えていたという経験を持っている人にとって、資産運用というテーマは以前は重要ではありませんでした。しかし、そうした時代は終わり、今後は預金以外 …

利回り30%!?最強の投資信託「ひふみ投信」の秘密にせまる

コンテンツ目次1 驚異的な利益率!?「ひふみ投信」1.1 ひふみ投信ってなに?1.1.1 国内トップクラスの投資信託1.1.2 カリスマファンドマネージャーによる銘柄選定1.2 ひふみ投信の運用実績1 …

投資のデメリットを株・FX・不動産・債券それぞれ初心者向けに解説

現代は余剰資金を銀行口座に眠らせておくのでなく、投資に回すことが推奨される時代です。そこで、本記事では適切な金融商品を選ぶために、あえてデメリットを解説します。株・FX・不動産・債券のデメリットを一つ …

金・プラチナに投資できる?それぞれの特徴とメリットを徹底解説

コンテンツ目次1 貴金属投資を知っていますか?1.1 とても安全な資産1.2 投資ができる2 貴金属投資その1 金2.1 特徴2.2 稀少性2.3 ニーズ3 貴金属投資その2 プラチナ3.1 特徴3. …

中長期見通しで最も有望な市場を探せ!国内株式と不動産投信の買い時

2018年に入って相場が大きく動いています。定期預金の場合は利回りだけで元本の変動はありませんが、投信や金、為替は元になる指数の上げ下げが重要なので、できるだけ底値で買って高値で売ると、いう相場を判断 …