投資対象のレバレッジについて検証・開設!レバレッジが高い投資はどれだ!?

レバレッジ




Advertisement

投資にはかならず「レバレッジ」という考え方が重要になります。手持ちの資金だけでの投資には限界があるからです。レバレッジは、投資資金の何倍トレードできるかによって表されます。たとえば10万円の証拠金で100万円分のトレードが出来る場合はレバレッジ10倍ということになります。証拠金を使って何倍までかけられるかは投資対象によって違ってきます。

FXを例に取るなら、かつて国内のFX取引では100倍以上のレバレッジをかけることが可能でした。しかしあまりに高レバレッジだと損失が大きくなりすぎて危険だということで、規制されるようになりました。これがいわゆる「レバレッジ規制」です。現在では国内のFX業者は最大25倍にレバレッジが定められています。

今回は株式やFX,不動産などそれぞれの分野でのレバレッジがどれくらいか、またどのくらいのレバレッジが適しているのかを検証してみたいと思います。

投資には必要不可欠な「レバレッジ」の持つ意味は?

レバレッジで証拠金を少なく済ませることができる

レバレッジの存在は投資には欠かせません。たとえばFXで手持ちの額しか取引できないとなると、大金がないと意味のあるトレードができなくなってしまいます。1ドル110円として、110万円を用意して1円の動きで1万円取るより、11万円(レバレッジ10倍)で同じ額を取れたほうが優っています。もちろん損をする場合もロスは大きくなりますが、証拠金を少なく済ませることができるということにおいてレバレッジの存在は欠かせません。

ちょうどいいレバレッジの大きさがある

しかし例えばレバレッジが1000倍というような大きすぎるものだと、あっという間に大きな損失を招いてしまいます。先ほどの例で言えば、レバレッジ1000倍は1万円の証拠金で1000万円分のトレードができるのと同じです。1円動いて10万円ということは、わずか0.1円の値動きで証拠金が倍になったり、失くなったりすることになります。これでは危なくて、まともなトレードはできません。

投資対象のレバレッジについて検証します!最も高いレバレッジは!?

国内FXのレバレッジは25倍

2018年現在は国内のFX業者は最大レバレッジ25倍に定められています。かつては数百倍というレバレッジも存在しました。じつは今年レバレッジがさらに10倍まで規制が強まるのではという噂がありましたが、どうやら規制は見送られたようです。

あまりレバレッジを小さくしすぎればFX取引をやめたり、海外の業者に流れたりと良くない影響が出てくるでしょう。ちなみに日本は全世界の取引量の3割以上が取引される、世界一のFX大国です。

信用取引と日経先物のレバレッジ

株式取引をしたことのある人は信用取引の仕組みを知っていると思います。買いでも売りでも手持ちの現金の何倍もの取引ができる仕組みですが、信用取引のレバレッジは3倍~10倍というのが普通です。3倍のレバレッジの場合、300万の手持ちの現金だけで900万円という、1000万円近い投資をすることができます。

日経先物の場合は証拠金がほぼ毎週決められていて、日経先物一枚あたり40万円~100万円というのが普通です。計算がやや複雑になりますが、日経平均2万円、100万円の証拠金でレバレッジ20倍といったところです。50万円の証拠金だと40倍。FXとそう変わらないレベルです。

CFDもレバレッジ規制に

CFD取引はまだあまり認知度が高くありませんが、先物取引の一種です。一時はFX、株式、日経先物、商品先物などありとあらゆる取引が一手にできるということでブレイクしそうな気配がありました。しかし、これもレバレッジ規制がかかり、10倍程度まで倍率が押さえ込まれました。現在は人気が落ちてきて取引をする人も少なくなってきています。

海外先物、海外FXは超高レバレッジのところも

国内に規制が入ったので海外の業者で取引を行う人も増えています。
界外FX業者の中にはレバレッジ100倍どころか、500倍近いところもあります。こうなればもうギャンブルに近い感覚です。中には正式な営業許可をとっていないグレーな業者もあるので気をつけてください。

仮想通貨FXでは5倍~25倍のレバレッジが可能

今流行の仮想通貨では、ビットコインなど一部ではレバレッジ取引が可能です。倍率は選べるようになっていて5倍~25倍というところが多いようです。元々仮想通貨は値動きがとても大きいので、さらに大きなレバレッジをかけることには、大きなリスクが伴います。特に2018年に入って下げが大きくなってきているので、相場のトレンドを見極めながら、細心の注意が必要でしょう。

株式投信や不動産投信にはレバレッジなし

アベノミクス以降、よく話題になる株式投信やJ-REITなどの不動産投信ですが、基本的にレバレッジは存在しません。銀行預金と同じで自分が持っている資産と同じ額しか投資できないのが普通です。基本的に投資ファンドは資金を集めて運用するという「投資」の形が主体なので、レバレッジをかけてトレードするFXや先物とは趣が違います。

不動産ビジネス自体にはレバレッジがある

不動産投信の話が出ましたが、不動産ビジネス自体にはレバレッジが存在します。銀行が所有する土地を担保にして貸し付けることで、さらに大きくなビジネス展開が可能になっています。この場合の借入金は不動産ビジネスにおけるレバレッジといっていいでしょう。不動産が値上がりしているときは、手持ち資金の三倍まで借り入れで増やすことも可能でした。そのほうが大きな利益が出て早くビジネスを大きくすることもできます。これは実社会のビジネスにおけるレバレッジの仕組みと言えるでしょう。

商品先物にもレバレッジがある

金投資を考える時に、金の積立や現物を買って手元に置くときはレバレッジは存在しません。まさにグラムあたりの金のそのままの値段で金全体を購入することになります。あとは手数料の問題ですね。、取引できる額も資金と同じ額に限られています。

金の先物やCFDだとレバレッジが存在します。これも10倍~数十倍といったところです。金価格は最近では安定しているので、もし現物で金を買えば1割しか動かないときは、1割の資産の変動しかありません。しかし、10倍のレバレッジをかければ、1割の変動で資産が倍になったりゼロになったりします。これがレバレッジの持つ魅力とリスクですが、無理のない範囲でうまく利用することで大きな利益を上げることができます。

レバレッジの特例 法人口座を利用しよう

現在ではFXで25倍、CFDで10倍程度のレバレッジしかかけられなくなっていますが、それは個人口座の場合です。法人口座は規制の対象外なので100倍近いレバレッジも可能です。法人口座はその名のとおり、法人名義で取引口座を開設することです。高いレバレッジを求めてあえて自分の会社を作って、法人口座を開くトレーダーもいます。ただ、高いレバレッジはそれだけリスクも大きくなるということなので、心しておきましょう。

まとめ – どれくらいのレバレッジが取引に適しているか

いろいろな投資分野でのレバレッジの大きさを見てきましたが、最適のレバレッジの基準は決まっていません。これはその時の相場の動きや投資家の資産状態に左右されます。また、どれくらいのリスクを許せるのか、どれだけのリターンを追求するのかによっても違ってきます。
レバレッジは大きくかければ利益も損失も大きくなります。またロスカットラインにもすぐに達しやすくなります。もし損失を避けたいのであれば、低いレバレッジを選択するか、証拠金以上の資金を手元に持っておくということになります。

ひとつだけいえるのは、レバレッジ取引というのは基本的に順張りの戦略ということです。つまり相場がわかりやすく一つの方向に動いているときは、レバレッジは絶大な威力を発揮します。例を挙げるならば日銀の金融緩和時の株式市場、2017年末の仮想通貨市場のような相場です。衆院選与党大勝前後にも日経平均は大幅な上昇を見せました。
このような大相場で買いで大きくレバレッジをかければ、大きな利益を手にすることができます。しかし難しい相場で損が出ているのにレバレッジをかけて取引を行うと、さらに大きな損失を招いてしまいます。レバレッジ取引はあくまで相場の流れに従う、という原則を守ってください。これはデイトレードのような取引でも同じです。レバレッジを使えば、自分の資産を何倍にも有効に使うことができて、必ず投資の役に立つでしょう。







レバレッジ


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

使いたいサービスから探す

まだデータがありません。

スポンサードリンク

CoinTraderに新規登録!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

友達追加でお得な情報GET