最も金利が高い定期預金5行を徹底比較 ネット銀行の金利が高い理由

定期預金




Advertisement

銀行の定期預金の金利が0.1%を割り込んで久しくなります。現在、日本は超低金利時代が続いていますが、デフレ克服、株高のための政策は当分変わりそうにもありません。日銀が決める政策金利自体、マイナス金利が続くという異例の事態になっています。このような状況の中、あえて定期預金の金利が高い上位5社をチェックしてみました。

尚、比較する条件は以下の3点になります。

  • 預金する元本は、各銀行の最低預け入れ条件
  • 預入期間は3年間の金利で順位付け(半年、1年、3年を掲載)
  • 金利は2018年6月公表のもの

なお、各社のサービスについて、できるだけ具体的な解説を付けるようにしました。金利でランキング付けをし、5位から順にご紹介致します。

定期預金の金利ランキング5位:鹿児島銀行ネット支店

行名鹿児島銀行ネット支店
商品名スーパー定期 / スーパー定期300
預入期間6ヶ月0.210%
1年0.020%
3年 0.020%

鹿児島銀行ネット支店のスーパー定期 / スーパー定期300に関するページはこちら

2018年6月現在、キャンペーン(2018年8/31まで)が行われていて、半年の預け入れに対して年0.2%の金利がついてきます。ネット支店に総合口座を開設し、eバンクサービス(インターネットバンキング)を申込む形になりますが、まさにネットバンクならではです。

九州の地方銀行である鹿児島銀行のネットバンク。鹿児島銀行は地元では安定経営の地銀として有名ですが、ネット銀行の分野に進出しています。将来は、地銀でもネット銀行として全国展開する銀行が増えてくるかもしれません。

定期預金の金利ランキング4位:ソニー銀行

行名ソニー銀行
商品名円定期預金
預入期間6ヶ月0.150%
1年0.150%
3年 0.020%

ソニー銀行の円定期預金に関するページはこちら

1年定期の金利が0.15%とやや低めです。ただ、大手都市銀行が0.01%なのに比べれば大きいです。このあたりの金利差は自由競争の結果でしょう。

このようにソニー銀行の金利は突出しているわけではありません。しかしユーザーの評価は高いようです。ひとつには銀行に対する信頼性があります。

ソニー銀行は2001年6月に開業したインターネット専業銀行で、「ソニー生命」や「ソニー損保」などとともにソニーフィナンシャルグループの一員です。2001年6月に開業したソニー銀行は、ネット銀行の中でも比較的歴史と実績のある銀行だと言えるでしょう。信用格付け機関からもメガバンクに劣らない評価をされています。

定期預金の金利ランキング3位:住信SBIネット銀行銀行

銀行名住信SBIネット銀行銀行
商品名円定期預金
預入期間6ヶ月0.200%
1年0.200%
3年 0.020%

住信SBIネット銀行銀行の円定期預金に関するページはこちら

1年定期までの金利が0.2%とお得です。1年間で0.2%の金利というのはネット銀行の定番のようですね。条件によってATM手数料や他行への振込手数料が無料になる回数が違います。Visaとの提携により、Visaデビットカードが持てるようになっています。

住信SBIネット銀行は、住友信託銀行とSBIホールディングスを出資会社とするインターネット専業の銀行です。基本的にネット送金を安くするサービスに注力しているようです。

定期預金の金利ランキング2位:じぶん銀行

銀行名じぶん銀行
商品名円定期預金
預入期間6ヶ月0.030%
1年0.050%
3年0.030%

じぶん銀行の円定期預金に関するページはこちら

じぶん銀行の円定期預金サービスの特色

1年ものの金利が高くなっていますが、キャンペーン期間(2018年6/1~7/31 年率0.2%)ということで、現在さらに高い金利がついています。

特別のボーナス金利がついて年利0.2%になります。1年のみですが、オリックス銀行など他のネット銀行を意識しているようにも思えます。3年間の定期預金の金利は0.03%でそれほど高くありませんが、都市銀行の平均の0.01%は大きく上回っています。基本的に1年定期の高い金利で顧客を獲得して、その他の預かり資産も増やそうという経営戦略のように思えます。

ATM手数料と振込手数料が無料になる回数が、預かり残高などによって変動する「じぶん プラスステージ」と名付けられたサービスがあります。

KDDIが親会社で、スマホアプリ対応など若手におすすめなのが「じぶん銀行」

じぶん銀行は、2008年6月に誕生したネット専業銀行で、auの携帯電話や光インターネット回線「auひかり」などを運営するKDDIと「三菱東京UFJ銀行の共同出資により設立されました。親会社が携帯会社だけあってスマホアプリが充実していて、携帯からの取引がしやすいです。ネット銀行として、特に携帯ユーザーを対象としているのがわかります。

定期預金の金利ランキング1位:オリックス銀行

銀行名オリックス銀行 
商品名eダイレクト定期預金
預入期間6ヶ月0.080%
1年0.150%
3年 0.200%

オリックス銀行のeダイレクト定期預金サービスに関する情報こちら

オリックス銀行のeダイレクト定期預金サービスの特色

オリックス銀行のスーパー定期300の特色は、1年もので年利0.15%、3年もの、5年もので年利0.20%になっています。他行の定期預金が0.1%を切っている中、0.2%の金利はダントツだといえるでしょう。現在の日本の銀行の定期預金の金利は0.01%が普通だと考えていいと思います。有利な金利というのは、この0.01%をどれだけ上回っているのかということになりますが、他の上位の定期預金に比べると、定期預金3年間の金利では、まぎれもなく他を引き離して一位です。

ただ、半年間の金利では、キャンペーンで0.2%の高い金利になっているところもあります。ここは逆に、6ヶ月 0.080%で3年間が0.2%なので、キャンペーンとは別に、本質的な金利が高いと考えていいでしょう。

50万円以上の場合、2週間から年率0.05%の金利がつくので、この場合も普通の定期預金金利を利率で上回っています。オリックス銀行の場合、普通預金の金利が0.02%あります。

オリックス銀行の金利が高いのには理由があります。ネット銀行なので大手都市銀行のように、銀行窓口・店舗といったものが存在しません。そのため人件費や維持費などの経費がかからず、コストを削った分を金利に回すことができるのです。

オリックス銀行は通帳・キャッシュカードが使えない!?

オリックス銀行は、かつての山一證券の傘下から、山一本体の経営悪化に伴いオリックスグループに譲渡されて、平成21年に「オリックス銀行株式会社」になりました。信用格付は地銀と同程度です。

オリックス銀行は実際の店舗を持たない、完全なネット専門の銀行です。来店不要で利用できますが、反面、通帳・キャッシュカードは利用できません。コストを削った分を金利の払い出しに当てているような仕組みです。入出金はすべて振込(平日の銀行の営業時間9:00~15:00)

オリックス銀行の定期預金は、日常的な出し入れを考えていない、完全な定期預け入れの預金だと考えてください。

まとめ

このように見てみると銀行金利には、一定の傾向があることがわかります。

  1. 大手都市銀行の定期預金の金利は平均で0.01%
  2. ネット銀行はそれよりも高く0.02%を上回るところも多い
  3. 特に注力しているところは0.2%の金利のところもある
  4. キャンペーン期間に注目。半年~1年間の金利が0.2%になる場合も多い

0.2%の年間の金利水準というのが、現在の国内の定期預金の最高です。キャンペーンで半年間の定期預金を、年利で0.2%にしているところも見受けられます。短い期間の定期預金で顧客を獲得して、長期的な契約につなげたいという銀行側の経営努力が伝わってきます。

基本的にネット銀行は店舗や人件費などのコストがかからない分、それを金利に反映させることができるようです。金利ランキングの上位5社がすべてネット銀行だというのもうなずけます。ただ、このようなネット証券は実際の店舗を展開していないので、サービスの内容には注意しなければいけません。例えばオリックス銀行は通帳やキャッシュカードも存在しないので、ネット上の振り込みによる出入金だけが可能です。

その他の銀行はATM対応で、口座や取引の状況で、振込とATM出金の時に無料になる回数が違うようになっています。詳細は銀行のホームページで確認するようにしてください。

ネット銀行はメガバンクと比べれば知名度もやや低く、信用力が劣ると思われがちですが、大きな資本と提携しているところが多いです。ソニー銀行の場合は信用格付け自体がメガバンク並なので、資産の安全性を求める人はソニー銀行を利用することをお勧めします。ただ、結論をいうなら、すべての国内の銀行の定期預金は、ペイオフの原則で1000万円までの完全な払い戻しが保証されているので、1000万円以内の預金なら全く大丈夫です。

政策金利がマイナスの時代、定期預金の金利にもあまり差はありませんが、少しでも高い金利の銀行を探すことは重要です。ネット銀行の特徴を理解して自分にあった預金先を見つけましょう。







定期預金


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

定期預金で資産運用しよう!メリットが多いって本当?

コンテンツ目次1 普通預金と定期預金1.1 定期預金とは1.2 定期預金の特徴1.2.1 預け入れ期間1.2.2 金利1.2.3 利息1.2.4 普通預金と定期預金まとめ2 定期預金で資産運用をするメ …

積立貯金ってこんなに簡単!定期預金の選び方・申込方法

今回は、自動積立定期貯金の銀行選び、金融機関ごとの金利比較を行います。 ほんの少し、記事を読むだけで積立貯金について全てを理解することができるでしょう。確かな銀行選びで賢く資産運用を行ってみましょう。 …