金投資で利益を出すには何が必要!?運用方法とタイミングの重要性を考える




Advertisement

金投資と聞いてあなたは何を思い浮かべるでしょうか?
金には特別なイメージがあります。錆びずに半永久的に保存できることから、お金よりも本質的な価値があるように考えられています。それだけでなく、宝飾品や工業用品などいろんな用途があります。このように特別な性質がある金ですが、反面、株の配当や金利がつく銀行預金と違って、所有しているだけでは利潤を産まないというようなデメリットもあります。

金に投資する場合、方法は大きく二つにわけられます。ひとつは、相場の動きを予想して、金が安い時に買い、高くなってから売る、いわゆる金価格の上昇で利益を上げる方法です。もうひとつは、金資産を運用している投資信託などに資産を預け入れる方法です。どちらにも一長一短があります。

まず、金投資に限らず投資を始めるためには、自分の資産運用の目的が安全運用にあるのか、それとも高いリターンを求めることにあるのかをはっきりさせないといけません。利回りで運用するタイプの投資信託に預ければ、元本保証ではないものの、ある程度安定的な運用は可能です。そのかわり年率1%のリターンを追求する世界だと思ったほうがいいでしょう。反対に、もし先物で自ら運用すれば、株式投資以上のリターンを得ることは可能です。成功した時には資産を何倍にもすることができますが、反面、失敗した時には全資産を失ってしまうリスクもあります。

そこでできるだけリスクを少なくしながら、ある程高いリターンも度手に入れる、という純金積立などの方法も考えられています。これらの方法にはそれぞれのメリット、デメリットがあるので、自分の資産と運用目的に合った方法を選ぶようにしましょう。これからそれぞれの方法を説明してしてゆきます。

金投資の運用方法

純金積立

純金積立とは、毎月一定額の資金を積み立てて金を購入する投資方法です。高価な金を少額からで購入できます。

まず、「金に投資する」ことを考えた時に、本物の金塊を購入するとなると巨額のお金が必要なばかりか、保管する場所も必要になります。純金積立は千円くらいから始めることができて、投資家が手元に金を置いておく必要もありません。サービスによっては必要な時に金地銀を引き出せるものもあります。

基本的に純金積立では、毎月購入する金額を決めて、一定額の金を購入するので、値段が安い時には多く、高い時には少なめに買うことになります。これによって価格のバランスを保てることになります(この方法はドルコスト平均法といいます)ただその反面、短期的に利益が出しにくく、時期によっては買ったあと値段が下がることもあります。

純金積立では保管料がいらない代わりに手数料がかかります。業者によって違いがありますが、1000円の投資で25~30円。積立額が毎月1000円で年間300円。1万円の積立額の場合は年間3千円もかかってしまいます。

金地金

対照的に金を実際に現物で買うことを考えてみましょう。金地金にはそれぞれバーサイズがあって1kgバーだと480万円くらいします(2018年 6月)しかし、5gから始めることができるので、その時の相場にもよりますが、2~3万円くらいから投資することができます。最近では金地金はAmazonでも手に入れることができます。

何よりも美しいゴールドバー(金の延べ棒)を手元に置いておくという楽しみが生まれます、しかし反面、金庫が必要になったり保管コストが生じます。売却益は総合課税の対象で給与同様の累進課税が適用されます。5年以上保有した場合には税額の半額が免除されます。

金地銀は価値があり美しいですが、手元に置いておくだけでは利益を生み出してくれるわけではありません。配当も利子もつかないのが現実です。インフレの時の資産防衛や、経済危機で貨幣の価値がなくなるという時には真価を発揮するでしょう。しかしリターンを上げるためには、まず買った時よりも金価格が上昇しなければなりません。それに購入代金の額しか現物が手に入らないので、信用取引のようなレバレッジも効きません。投資対象としてはかさばるのがデメリットです。

金先物取引

少ない金額で多額の取引ができるのが最大のメリットです。そのため予想が当たると大きな利益を産みますが、反面、予想が外れると大きな損失が生じます。元本の何倍もの利益や損失が出るのでロスカットルールなどを決めておくことが必要です。しかし研究して「相場を当てる」という目的のためには、これほど有効な投資スタイルはありません。手数料などのコストも極めて安く、頻繁な売買に向いています。基本的に自分の判断で相場を予想できる、中上級者向けです。

金ETF・投資信託

反面、株式投信のように第三者の専門家に運用を任せるという方法もあります。それが金ETF・投資信託です。金ETF・投資信託は証券会社で購入できます。手数料も1%以下と他の金投資に比べれば安く購入できます。
基本的に、運用能力のある投資信託をいかに選ぶかということになります。投信に委託する場合は、自分で地金を所有するわけでも直接金を購入するわけでもありません。いわば自分の資産を預けて運用してもらうのと同じ形です。配当や利子が定期的に付くわけではありません。投信を買った値段から計算して、現在の基準価格がだどれだけ上昇しているかが利益分になります。信託報酬という手数料が必要になりますが1%未満であることが多いです。

注目の「金の投資信託」3社

特に注目されている金の投資信託3社を紹介します。運用実績は1年以上のものを選びました。特に基準値の変化に注目して欲しいと思います。

三菱UFJ 純金ファンド(愛称:ファインゴールド)

純資産総額140億円
購入手数料1.08%
信託報酬年率0.97%
設定日2011年2月7日
運用会社三菱UFJ国際投信

基準価格2011年の1万円から順調に2013年には13000円に到達しています。その後は11000円まで下げたあとボックスゾーンで推移しています。2011年~2012年は金価格の上昇があったのでこのパフォーマンスは妥当でしょう。2013年以降は金価格が下げたので基準値が下がるのは仕方ないところもあります。その後は市場価格と連動するように基準値ももみ合いで動いています。
大体において実際の金価格と同じ動きをしているようです。結果を見れば11000円に近づいたところで買って、12000円を超えたところで売れば利益だ出せたということになります。

ステートストリート・ゴールドファンド(為替ヘッジあり)

純資産総額6億円
購入手数料2.16%
信託報酬年率0.89%
設定日2012年11月8日
運用会社ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ

設定日が金価格が天井だった時期に近かったこともあり、その後は大きく下げています。パフォーマンスが悪いようですが、同時期には他の金投信も大きく基準値を下げています。その後も国内外の金価格の差もあり、動きはぱっとしていないようです。この投信に限らず、設定する時期が相場の天井付近だと、上場したもののあとは低迷する一方ということがあります。6000付近が安値になっていますが、ドルベースの金価格がこれからどれだけ伸びるかでしょう。世界最大の金のETF(上場投資信託)である「SPDR(スパイダー) ゴールド・シェア」に主に投資する投資信託です。

 

i-mizuhoゴールドインデックス

純資産総額8億円
購入手数料0%(ノーロード)
信託報酬年率0.68%
設定日2013年9月26日
運用会社ブラックロック・ジャパン

金現物市場を代表する指標である「LBMA金価格(円換算ベース)」に連動する運用成果を目指しています。為替ヘッジなし。

設定日の2013年9月は、高値をつけた金価格がちょうど急落してきた頃です。2014年は金の国内価格の上昇とともに基準値も上昇しました。その後は相場の動きに合わせて、9500円~11000円といったところです。

まとめ:金で利益を上げるには、金相場の上昇が不可欠

純金積立、金地金、金先物、投資信託に共通して言えるのは、利益を出すには、金相場が買った時の値段より上昇しなければならないということです。これがあらゆる大前提です。投信の場合も、運用会社の能力というより、設定日の金価格と、その後の値段の変化に左右される部分がかなりあります。株式投信のように有望な銘柄をいくつか選択するようなタイプではなく、ひたすら金の値動きのみを追求するので、このような結果が生じます。もし自信があれば、研究したあとに、自分の予想で買ってみるといいでしょう。タイミングさえよければ、運用会社のパフォーマンスを上回ることも可能です。








コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

純金への投資。魅力と注意点、儲かる可能性を徹底解説!

金は古来より富の象徴として、時の権力者の力を誇示するために保有されてきたことは洋の東西を問わず、人類の歴史上よく知られた事実です。金はその美しさは勿論ですが、採掘量が少なく、錆びや腐食といった物理的な …

金、プラチナ投資!特徴とメリット・デメリットを徹底解説

預金金利がほとんど期待できないことから、資産運用に関心を持つ人が増えています。株やFXは情報が多く、書店やインターネットを通じて知識を得ることができます。これらに比べるとマイナーなイメージのある金、プ …