仮想通貨の特徴と気になる今後を解説!初心者向けの始め方は?

仮想通貨




Advertisement

ビットコインをはじめとして多くの種類がある仮想通貨。2017年12月に最高値を付けて一大ブームとなったものの、仮想通貨を扱う取引所の問題もあって現在は上値が重い状態で推移しています。これから始めるべきか、今後はどうなるのか気になる部分は沢山あります。

仮想通貨とは?

仮想通貨は通常の通貨に代わる決済手段として大きな期待を受けて登場した準通貨です。ここではその概要と仕組みをご紹介します。

仮想通貨とは

仮想通貨はコンピュータネットワーク上で取引される準通貨で、通常の通貨のように有形ではありません。広く社会一般に浸透するには至っていませんが、仮想通貨は仮想通貨を通貨のように用いて商取引を行うコミュニティを中心に広がりを見せています。

仮想通貨は暗号通貨と呼ばれるように、ブロックチェーンと呼ばれる情報通信技術の進化とともに登場した経緯があります。現在多くの仮想通貨が登場していますが、その中の多くは暗号通貨とそうでないものに区分できます。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンはデータベース技術の一種で、「ブロック」とは一定時間間隔で生成されるデータの塊を意味し、それらデータの塊を鎖のようにつなぎ止めることでデータ保管を行う技術のことです。ブロックチェーンのデータの塊の中身はこれまでの取引記録となっており、ビットコインの場合だと2009年1月3日に登場して以降、全ての取引記録が保管されています。

仮想通貨のブロックチェーンへアクセスするためには、暗号技術に基づく認証を受ける必要があり、逆に言えば認証を受ければ誰でもアクセス可能です。ブロックチェーンはそれに参加するメンバー間で有効に管理され、使用でき、改ざんできないデータベースの仕組みとなっています。

ブロックチェーンが通貨の機能を代行する

ブロックチェーンは参加するメンバー間で有効に管理され、使用でき、改ざんできないデータベースの仕組みで、参加するメンバーの間で次のような使い方ができます。

  1. 決済:現金を仮想通貨に交換することで商取引が可能となり、その記録が永久に残る
  2. 証明:いつ、いくらでどのような取引をしたかの記録が証明として使える
  3. 契約:いつ、いくらでどのような契約をしたかの記録が証明として使える

ブロックチェーン技術によって、お金の持ち運びや管理の必要がなくなり、領収書や契約書の保管の必要もなくなるので、リアルな通貨よりも取引で使用する面のメリットが大きいと言えます。また、ブロックチェーンは参加するメンバー間で直接的に金融機能も果たすことが出来、銀行など金融機関が介在して手数料を徴収されることもなく、メンバーが全世界に広がれば、政府の監視を受けず、国境を超えてお金の移動が自由に出来るようになります。

仮想通貨にはこのように様々な可能性があり、これからの社会を変えるとも言われています。

スポンサーリンク




仮想通貨の取得と使用

仮想通貨の取得と使用について解説します。

仮想通貨の取得方法

仮想通貨は仮想通貨を取り扱っている「取引所」と呼ばれる業者からインターネットを通じて購入することができます。仮想通貨によって1単位の単価が数十万円ということになっていますが、小口化された単位で取得すれば、数千円くらいから購入可能です。

仮想通貨の使用について

仮想通貨を取引所で現金に換金する他、仮想通貨を現金の代わりに代金の支払いに使って買い物をしたりすることができます。仮想通貨を決済手段とするお店は徐々に増えてきています。現金と全く同じということはなくても、ビットコインなどメジャーな仮想通貨は準通貨としての認知度が上がってきているようです。

仮想通貨の問題点

仮想通貨には次の問題点があります。

  1. 大きい値動きが災いして損失を被る危険がある
  2. 法律の規制を受けることがある
  3. 価値を裏付ける第三者機関が存在しない

大きい値動きが災いして損失を被る危険がある

仮想通貨には未来への大きな可能性に対する期待はあるものの、そのような期待が一瞬で失望に変わる事件があると大きく値を下げます。株式や商品への投資にもそうしたことは起こりますが、株式の場合は発行する主体が稼ぐ利益が、商品の場合は商品として取引されるに至るまでに要したコストが、株式や商品の本源的な価値(ファンダメンタル)として価格の下落に歯止めをかけますが、仮想通貨に明確なファンダメンタルは今のところ確立されているとは言えない状況です。

法律の規制を受けることがある

仮想通貨は登場してまだ歴史が浅く、流通や普及を進める上で様々な障害がまだ十分に整理、解決されているとは言えない状況です。よってそうした環境整備を進める上で法律の規制を受けることがあり、仮想通貨の価値に影響を与えることがあります。

価値を裏付ける第三者機関が存在しない

通貨は一国内の経済的な取引を安全かつ円滑に行うため、中央政府によって厳格に管理され、その価値を保証されています。仮想通貨は通貨の役割を果たす部分はありますが、通貨ではないことは明らかです。よって現時点では価値を裏付ける第三者機関が存在しないので、資産としては価値が不安定と言えます。

仮想通貨の現状と今後の見通し

NEM流出事件以来、2017年の年末にあった熱狂的な流行は下火にはなっているように感じる仮想通貨取引ですが、現状と今後の見通しが気になります。

仮想通貨の現状

大手の仮想通貨取引所が金融庁の行政指導を受けるケースが増える一方で、仮想通貨事業に参入しようとする上場企業は増えています。現在のところ、仮想通貨の値動きは上値が重い横這い状態が続いていますが、仮想通貨を取り扱う業者の整理や陶太が進むことで、仮想通貨自体の価値の下落に一定の歯止めがかかることへの期待もあります。

相場や今後の見通し

現在は多くの種類がある仮想通貨ですが、ビットコインなどすでに認知度の高いメジャーなものについては、さらにユーザーの拡大を通じて取引手段として浸透していくことが予想されています。識者の意見では実通貨が構成する現実の経済圏とは別の、新たな経済圏が生まれ、その中心としての役割を果たすだろうと予測されているようです。その日がいつになるかはわかりませんが、ある日突然、その日がやってくるのかもしれません。

仮想通貨のその他関連する情報

仮想通貨で儲けた場合に気になる税金と、始める場合はいくらからになるのかを解説します。

仮想通貨の税金

税金に関しては、国税庁が仮想通貨で得た利益は原則として「雑所得」に区分し、所得税の課税対象とすることを明らかにしています。他の雑所得を含めた上で所得控除や税額控除などを考慮して税率が決まる、総合課税となります。累進課税なので沢山儲けると税率が上がります(5~45%)。

仮想通貨を換金せず、含み益として持ち続ける場合だと税金はかかりませんが、換金して利益を確定した時は勿論、含み益を利用して仮想通貨で物品を購入した場合には納税義務があります。仮想通貨同士の交換、仮想通貨をマイニングで得た利益も課税対象となります。

仮想通貨は株売買やFXより税率や税金が高くなるケースは注意点かもしれません。

ビットコインはいくらから始められる?

仮想通貨取引を始める場合、まず口座を開設する必要があります。口座開設したい取引所のホームページにアクセスし、手続きに従って登録、その後に銀行振り込みやコンビニで代金を振り込んでお好みの仮想通貨を買うことが出来ます。

投資にかかるお金について、仮想通貨は取引所で多少違いますが、ビットコインの場合だと概ね数千円(0.0001~0.001BTC)くらいが最小の取引単位のようです。

まとめ

仮想通貨には、これからの社会を大きく変える期待と、今後の価格推移を危惧する懸念の両方の思惑が交錯しています。現時点ではあまり良いニュースを聞きませんが、FX取引も導入された当初は同じ様なことがありましたが、現在では業界内の整理と陶太、厳格なルール作りを通じて投資の一分野として主要な地位を確立しつつあります。仮想通貨も同様の過程を通じて、広く一般の人が気軽に投資できる金融商品となるのではないでしょうか。仮想通貨への期待が高いことは、上場企業が仮想通貨事業への参入を次々と表明していることからも明らかでしょう。







仮想通貨


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中長期見通しで有望な市場を探せ!仮想通貨の相場を予想・分析する

今回は今話題になっている仮想通貨への投資を考えてみたいと思います。仮想通貨は2017年に大幅な上昇をしたあと、2018年に入ると大きく下げました。これは2017年に上がりすぎた反動と言えるのですが、果 …

XEM・XMR・ETH!今熱いアルトコインのマイニング通貨はどれ?

今回は、仮想通貨マイニングというテーマの中で、アルトコインに絞っておすすめ銘柄を紹介していきます。前回のBitcoinのマイニング記事についての記事の続きです。 ビットコインでもマイニングは可能ですが …