おすすめ仮想通貨を解説! – MONA / モナーコイン / モナコイン

モナコイン・モナーコイン・MONA




Advertisement

モナコインは、庶民の楽しみながら投資のできる仮想通貨としてうってつけの仮想通貨です。

モナコインとは?

「モナコイン」は、日本で開発された、2014年(平成26年)1月1日にリリースした国産第1号の仮想通貨です。
スレッドフロート型掲示板のウェブサイト「5ちゃんねる」(※現在は5ちゃんねるですが、2017年9月30日までは2ちゃんねるという名称でした。)のアスキーアート(※絵文字)のキャラクター「モナー」をモチーフにした仮想通貨です。
因みに、「モナー」は、「猫のような熊のような謎の生物」で「インターネット史上最も愛されたのアスキーアートひとつ」と言われるキャラクターです。
「モナコイン」は、時価総額約143億円で、仮想通貨全体で71位にランクされています。(※2018年7月2日現在)
世界の仮想通貨の中では、割と歴史がある部類に入ります。
「モナコイン」のユーザーは「5ちゃんねる」の愛好者が多いので、日本語のコミュニティやサービスが充実していています。

なぜ、数ある仮想通貨の中で「モナコイン」なのでしょうか。

国産第1号の仮想通貨という身びいきもありますが、ツィッターのアカウントを持って、tipmona(@tipmona)のシステムを利用すると、手数料が無料で「モナコイン」が送金できるのです。

「投げ銭」文化

「モナコイン」を持っている「ツィッター」のユーザーが、投稿に「いいね」のかわりに「モナコイン」をご祝儀として送金しているようです。
これは「投げ銭」と呼ばれ、「ツィッター」のユーザーは、「投げ銭」を送金したり送金されたりする文化を創り上げました。
この文化は、「モナコイン」を支える一翼になっているようです。

モナサイト

質問をしてその回答のお礼に「モナコイン」を送るという「5チャンネル式掲示板」のような「Askmona」というウエブサイトも立ち上がりました。
このサイトを息抜きで利用したことが、「モナコイン」という仮想通貨の存在を知るきっかけなり、仮想通貨取引所に登録した方もいるようです。
その後、「投げ銭」ができるウエブサイトが「Mona!Japan」「ナゲコイン」「モナバコ」「Sence」「Monacafe」「omege disicord Edition」「Tipiieze」と、矢継ぎ早に立ち上がりました。
さらに、「モナコイン」で支払いのできる法律相談のウエブサイトまで立ち上がったのです。
このようなウエブサイトを立ち上げた人達とそれを利用している人達は、週末に「オンライン麻雀大会」や「eスポーツ大会」等のイベントを開催し、モナコインを賞金にして大いに盛り上がっています。
今では、「Monazon」とい名の「ショッピングサイト」までが立ち上がり、活況を呈し「モナコイン」の生活圏を形成している雰囲気さえ感じられます。

モナコインの魅力

他の仮想通貨と異なるコンセプト

「モナコイン」は、ホワイトペーパーと綺麗なウエブサイトとIcoという手法で瞬時に数億〜数百億円を集める他の仮想通貨とは異なるコンセプトで運営しています。
「投げ銭サイト」をたくさん立ち上げ、数多くのイベントを開催し、ショッピングサイトまで立ち上げ、仮想通貨を盛り上げる生活圏を築いています。
「アスキーアートキャラクタ」を祀るために2015年(平成15年)に創建された、「モナー神社」のお賽銭の大半は、「モナコイン」の投げ銭です
信仰の世界にまで裾野を広げています。

モナコインの品質

「モナコイン」は、「Pow」というアルゴリズムでネットワークが維持され、マイニングで採掘報酬を得ることができる「ビットコインと」同じシステムを採用しています。
「ビットコイン」は、「送信元の情報」「送信先の情報」「データに付与される電子的な署名」が一体となっているトランザクションを使用しています。
しかし、「モナコイン」は、この中の「電子署名の部分」を別にした「Segwit」というシステムを使っています。
「Segwit」とは「Segregated Witness 」を短縮したもので、トランザクションIDの算出対象からトランザクションに対する署名を削除し、トランザクションから独立した署名領域 (Witness) で署名をおこなうシステムです。
「Segwit」は、約60%の取引データの圧縮を可能にしました。
「モナコイン」は「ビットコイン」とは比較にならない程、送金のスピードが速くなったのです。
国産の仮想通貨である長所を伸ばし、日本語のコミュニティやウエブサイトをフルに使い人の胸に分け入り、ハートを鷲づかみにするコンセプトは、地に足を付けた世界で唯一の仮想通貨と言えます。

モナコインについてのまとめ

1MONAは、236.49円(7月2日)です。
国内の取引所の「Zaif(ザイフ)」「bitFlyer(ビットフライヤー)」「bitbank(ビットバンク)」「Fisco(フィスコ)」「BitTrade(ビットトレード)」の5つの取引所で購入できます。
また、国外の取引所「Upbit(アップビット)」「Bittrex(ビットレックス)」「Livecoin(ライブコイン)」「CryptoBridge(クリプトブリッジ)」「EXX(イーエックスエックス)」「Bleutrade(ブルートレード)」の5つの取引所でも購入できます。
他のコインと比較すると購入できる取引所も多く買いやすいコインです。
「モナコインが好きだからもっとモナコインを広めよう!」と活動する人がとても多いのです。
2017年(平成27年)10月25日から31日まで、東京の電気街、秋葉原の「秋葉原UDX」と「秋葉原ラジオ会館」の大型ディスプレイで、モナコインのプロモーション動画が放映されるイベントが開催されました。
これは、ある「モナコインが好きだからもっとモナコインを広めよう!」と活動をしている方が、自腹で100万円を出資して実現されたいう話しを聞きました。
モナコインのコミュニティは、何か心に潤いを与えてくれるようです。
今後、ますますモナコインのコミュニティは爆発的に広がることはないでしょうが、徐々に広がっていくことでしょう。
モナーコインはビットコインのように突然価格が急騰したり、暴落したりする可能性はかなり低いかと思います。
しかし、ユーザーの1人1人がモナーコインに強い愛情を持っており、日々掲示板ではモナーコインが投げ銭されるやりとりが行われ、ユーザーが自分自身の考えを主張し、もっと多くの人にモナーコインの存在を知ってもらう為にディスカッションをしています。
モナーコインにはこのような熱い気持ちのユーザーがいます。
仮想通貨のトップの地位を築いてきたビットコインのユーザーにない価値観を持ったユーザー達に支えられています。
見方を変えると、長期のホルダーというより、生きている限りモナコインを持ち続ける人が多いということです。
長い目で見ると他の仮想通貨よりポテンシャルを秘めています。
また、今年早々にアトミックスワップというシステムの導入に成功しました。
アトミックスワップは、世界中どこにいても取引所や第三者を介さずに仮想通貨の取引をできるシステムです。
その結果、仮想通貨の取引量は増加し、支払いに仮想通貨が使われるようになるでしょう。
アトミックスワップを成功させた通貨は、今のところ「Bitcoin」「Litecoin」「Decred」「Vertcoin」「Viacoin」の5つだけです。
アトミックスワップでの取引は、ユーザーは自身の資金を常に自分で管理が可能で、匿名であり続けることができます。
モナコインの投げ銭はとても楽しいですよ。
ツイッターアカウントさえあればチップモナを受け取るのに準備はいりません。
ウォレットは勝手に作成されているようです。
投げ銭されたモナコインは自分のウォレットに保存されています。
受け取ったモナコインを確認するには、「@tipmona balance」とツイートすると「モナコインちゃんbot(@tipmona)」から通知が届き、モナコインの残高を教えてくれます。
メイドインジャパンの愛すべきモナコインは、庶民を楽しませながらその存在を大きくしていくことでしょう。







モナコイン・モナーコイン・MONA


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした