仮想通貨の推奨銘柄・ADA(エイダ/カルダノ)ってどんなコイン?

エイダ カルダノ・Cardano・ADA




Advertisement

おすすめの仮想通貨

Cardano ADA(カルダノ エイダコイン)は、楽しみながら投資ができる仮想通貨としてうってつけの仮想通貨です。
今のところは、国内の仮想通貨取引所では購入できません。だから、多少苦労して買っておけば、日本の仮想通貨の取引所で取引出来る頃には、多少値上がりが期待できると思います。

なぜ、数ある仮想通貨の中で「カルダノ」なのでしょうか。

カルダノとは?

それは、数ある仮想通貨の中で、傑出した中身があるからです。元々、カルダノは、オンラインゲームやオンラインカジノで使われていた仮想通貨でした。公開する時期と取引所への上場が大幅に遅れたことで、詐欺コインのイメージが付いた時期がありました。しかし、時価総額が第2位の「Ethereum(イーサリアム)」の「CEO」を務め、市場価格約364億円で第35位の「Bitshares(ビットシェアーズ)」の創設者であり、暗号通貨の第一人者」と呼び声の高い、天才数学者の「チャールズ・ホスキンソン」氏が中心となり全力でCardano ADA(カルダノ エイダコイン)を立ち上げた噂は、仮想通貨の世界を駆け巡りました。

カルダノの救世主

創設者である暗号通貨の第1人者と呼ばれている「チャールズ・ホスキンソン」氏が、積極的に広告イベントに参加をしたことで、価格が上昇し、「カジノコインでヤバイ!」とか「詐欺コイン」というイメージはなくなりました。また、1COで60億円の資金も調達できました。カルダノは、風評被害を乗り越えた仮想通貨なのです。それどころか、オンラインゲームやオンラインカジノで使われていたというカミングアウトは、マーケットを拡大する追い風となり、武器となったのです。世界のカジノの規模は約18兆円、オンラインカジノで約6兆円と、全体で約24兆円の規模があります。いよいよ日本でもカジノが現実に出来るようになりました。カルダノは、日本でも間違いなく根強いファンを獲得できるのではないでしょうか?

カルダノの魅力

Cardano ADA(カルダノ エイダコイン)の特殊なダイダロスウォレット

ADA(カルダノ エイダコイン)には、取引所の機能を持つ「ダイダロスウォレット」があります。「ダイダロスウォレット」をダウンロードして登録をすれば、「bitbank(ビットバンク)」「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」というような「仮想通貨取引所」を通さずに仮想通貨の売買が出来るのです。

Cardano ADA(カルダノ エイダコイン)独特のステーキングと呼ばれる配当

さらに、ダイダロスウォレットに保管しておくとステーキングと呼ばれる配当が得られます。配当は保有期間(最低30日以上)や保有量によって異なります、初年度と2年目は9.13%、3年目は6.28%と4年目は4.5%、5年目3.0%ですので、5年間「ダイダロスウォレット」でエイダコインを持っていると、36%の配当が手に入れることが出来ます。銀行の定期預金と比較すると桁違いです。
そして、5年間でエイダコインが値上がりすれば言うことなしです。1ADA(カルダノ エイダコイン)は、15.9円(7月2日)です。1ビットコインの703,956円や、1イーサリアムの49,978.14円と比較すると手頃な価格です。ICOでは、1ADAは約0.3円で販売されていたので、この時に買った人は、5倍以上の値段になっています。

Cardano ADA(カルダノ エイダコイン)による量子コンピュータへの対応

「従来のコンピューター」の計算処理能力では、ブロックチェーンの「公開鍵」から「秘密鍵」を算出することができませんでした。しかし、未来のコンピューターと言われる「量子コンピュータ」は、従来のコンピューター」の1億倍の計算能力があるので、容易に公開鍵から秘密鍵が算出できます。量子コンピューターは、まだ実用化されていませんが、実用化されれば、便利になる一方、ハッキングに使われる可能性があります。カルダノは、「量子コンピュータ」によるハッキングの対策として「耐量子コンピューター電子署名方式」を開発しています。現在、進歩状況は50%ということですが、「量子コンピュータ」が実用化される頃までには、間違いなく開発は完了しているでしょう。近い将来に「量子コンピュータ」が実用化され、軒並み仮想通貨がハッキングされても、「カルダノ」と「NEO」と「SHIELD」は「耐量子コンピューター電子署名方式」でハッキングされることはないでしょう。

Cardano ADA(カルダノ エイダコイン)のまとめ

ブロックチェーンのコンセンサス・アルゴリズム

「FINTECC業界」を変えると言われる程の大物の創設者である暗号通貨の第一人者と呼ばれている「チャールズ・ホスキンソン」氏の強力なリーダーシップで「法的通貨と同等の役割・価値を実現する」という理想を貫く活動を続けています。既存の銀行の送金システムは、「AさんがBさんに1000円送金しました」ということを、銀行が正しいかどうか確認して、記録をしています。仮想通貨のブロックチェーンのシステムは、既存の銀行のような中央に位置する管理者は存在しません。仮想通貨での送金は、既存の銀行のような管理者はいませんので、正しいかどうか確認する役目は、ブロックチェーンのシステムが行います。ブロックチェーンのシステムが、その取引が正しいのかどうかの判断する方式を「コンセンサス・アルゴリズム」と呼びます。現在、「コンセンサス・アルゴリズム」には、「Proof of Work(ブルーフオブワーク」(※以後POWと呼称します。)と「Proof of Stake(プルーフオブステーク)」(※以後POSと呼称します。)の2つの方式があります。

ビットコインやイーサリアムで用いられるPOW(Proof of Work)

前者の「POW」は、「ビットコイン」や「イーサリアム」等の先発した仮想通貨が採用しています。取引記録の改ざんに強いというメリットがある反面、マイニングに膨大な計算が必要なので、驚くほどの電気代が必要で、個人がマイニングに参加するのは不可能なのです。また、決済等を行うのに10分以上の時間がかかります。「POW」だと、高額な電気代が」必要なので、個人でのマイニングに参加が不可能です。したがって、高性能のスーパーコンピューターを持つ「大規模なマイニング専門集団」が出現します。現在でも、「大規模なマイニング専門集団」は存在します。この集団が力を持ちすぎると、意図的にブロックチェーンが書き換えられる可能性が出てきます。これを「51%攻撃(承認の中央集権化)」と呼びます。

Cardano ADA(カルダノ エイダコイン)ではウロボロスというPOS(Proof of Stake)を採用

「POS」は、「POW」の問題点を解消するために作られたコンセンサスアルゴリズムです。Cardano ADA(カルダノ エイダコイン)は、、「POS」を「ウロボロス」と呼ばれている種類のシステムを採用しました。ノーマルな「POS」は、コンピューターが常時オンライン状態でなければマイニングができません。「ウロボロス」は、オンライン状態でなくても、マイニングに参加することができます。このシステムは、ノーマルな「POS」より、多くの人がマイニングができます。一部の資本家による検証の独占による不正なブロックチェーンの書き換えを防ぎ、より公平で安全な「コンセンサス・アルゴリズム」(合意の形成)ができるのです。組織も、運営管理を「カルダノ財団」が行い、技術的な開発は、IOHK(Input Output Hong Kong)が担当、カルダノプラットフォームの利用をベンチャー企業に呼びかける営業を「Emurgo(エマーゴ)」が担当するという合理的な布陣ができています。今のところ、カルダノは、日本の仮想通貨取引所では、上場していないので取引ができません。しかし、カルダノは、法定通貨で行うことができることを仮想通貨でもできるようにすることを目指しています。送金や店舗の支払いはもちろん、ATM(自動現金支払機)での引き出し、デビットカードでの活用などで、普段の生活に仮想通貨が入ってくることを目標にしています。実際に、2018年内に日本国内で、自動両替が出来て現金が引き出せるATMを25台設置の予定です。カルダノは、日本の庶民の楽しみながらの投資に十分応えてくれるはずです。







エイダ カルダノ・Cardano・ADA


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした