金融で金利が安いとは?消費者金融選びのポイント解説

消費者金融




Advertisement

普段の生活で私たちは様々な商品を買い、サービスを利用しますがその際に支払いにお金が必要になります。こうしたお金を得る手段として、お仕事することでその報酬として得るお給料で賄えない分、お金を使ってしまう時があります。その際に一時的にお金を借りてしのぐのですが、その際にもお金を借りている期間に応じて料金が生じています。

金融における金利の役割とは?

生活に必要なお金が不足した場合、一時的に借りることでやりくりする場合があります。こうしたお金の融通を受ける場合、無料と言うことはまずありません。

金融とは

金融とは、お金の融通のこと。人によって経済力、お金を稼ぐ力には差があり、お金を稼ぐ力の強い側から、そうでない側へのお金の貸し借りを通じて、事業や商取引が成立しています。また、金融を業にした貸金業や質屋などは古くから経済の発展とともに繁栄してきました。

手元にお金がなくても、金融という仕組みをうまく使えば、大きな取引を通じて莫大な利益が得られるチャンスがあり、金融という仕組みがなければ今日のような便利な社会の実現は難しいものとなっていたでしょう。

金利とは

金利とはお金の借り賃のことで、借りたお金に対する百分率で示されることが多いです。お金を借りた時点で発生し、お金を返すまでの期間に応じて借りたお金に対する率で決められた分を、借りたお金に上乗せして返す形で支払います。

金利はお金を貸した側にとっては、労働を伴わずに貸した時間に応じて得られる不労所得となります。特定の個人間のお金の貸し借り以外で、業としてお金を貸す場合、貸したお金が返ってこない危険に応じて借り手を審査し、返済できる借り手を選別する必要があります。

金利は借りる期間が長いほど、高く設定することが殆どです。これはお金を貸している時間が長くなれば、その間に金融市場で金利の変動が大きくなる可能性が高くなること、また借り手の事情が変化して返済が計画通り行われなくなる可能性が高くなることが理由です。

金利の上限

金利は表向きはお金の取引の場における需要と供給のバランスで決まります。お金を借りたい人が貸したい人より多ければ金利は上がりますし、逆の場合だと金利は下がります。事業が順調に行われている場合、お金とモノや労働との交換がスムーズで、運転資金と呼ばれる事業継続に必要な最低限のお金が不足することはあまりありません。

不景気になって取引が低調になると、モノ余りとお金の不足が生じやすくなります。こうした状況では事業継続に必要な最低限のお金が不足することになり、お金を借りたい人が貸したい人より多くなって金利は上がります。こうしたお金の貸し借りの市場である金融市場を通じて決まる金利が市場金利です。

金利は市場でオープンに決まる場合以外に、消費者金融など個別のお金の貸し借りの場で相対的に決まる場合があります。借り手がお金に困窮している状況であれば、貸し手の交渉力が高まり、高い金利でなければ借りられないケースが出てきます。こうした不平等を是正するために法律によって金利の上限は制限されています。具体的な法律と法律に定める上限金利は次のとおりです。

法律上限金利
出資法上限金利20%
利息制限法貸付金額10万円未満→上限金利20%

貸付金額10万円以上100万円未満→上限金利18%

貸付金額100万円以上→上限金利15%

金利のタイプに注意!

金利の付き方には「単利」「複利」の二つがあります。

「単利」は1年に支払う利子は、元本に決まった1年間の利息のパーセンテージを乗じて計算します。元本部分は最初の金額から増えることはありません。毎年支払う利子の金額は同じになります。

これに対して「複利」は1年目は「単利」の場合と同じですが、2年目以降は前年の利子が元金に加わります。その分、元金は年々増えることになり、借りた期間に応じて増加する元金に対し、その都度利子のパーセンテージを乗じて計算しますので、同じ年数だけお金を借りていた場合は、「単利」の場合よりお金の返済金額の合計が膨大になることがあります。住宅ローンなど長期で多額のローンを利用する場合、金利は「複利」となっていることが殆どなので、少しの借り入れる際の金利差でも総返済金額に大きな差が出ます。

金融における金利の水準はどう決まるのか

金融における金利の水準は公開された市場で決まる場合と、個別のお金の貸し借りの場で相対的に決まる場合があります。個別のお金の貸し借りの場で相対的に決まる金利といっても公開された市場で決まる金利水準から大きく逸脱して決めると、法律に抵触する場合があり、大手の消費者金融になると金利の設定に公開された市場で決まる金利水準を基準に定めていることが多いです。

金利の種類

金利は借りてから返済までの期間に応じて、短期金利と長期金利に区分されています。

短期金利とは

短期金利は借りてから返済までの期間が1年未満の場合の金利です。短期金利は金融機関同士のお金の融通を行う市場で決まる金利で、短期金利の代表的なものが「無担保コール翌日物」と呼ばれる、無担保翌日返済の際の金利です。この金利は日本銀行が金利を政策誘導する際の目標値であり、銀行が預金金利を決める場合の基準となっています。

長期金利とは

長期金利は借りてから返済までの期間が1年以上の場合の金利です。短期金利をベースに広く社会の経済活動を反映して決まる金利であり、景気動向や経済金融環境によって大きく影響を受けることで知られています。長期金利は日本銀行が政策誘導できない金利ですが、長期金利に大きな影響を与えるものに国債の利回りがあります。特に10年ものの国債の利回りと長期金利は密接な関係があると言われています。

消費者金融選びのポイント

消費者金融選びのポイントについて解説します。

金利の安さにこだわる

消費者金融の場合、借りてから返済までの期間が1年未満の場合が殆どなので、原価としての金利は短期金利が基準になり、これにマージンを加えて貸し出し金利とすることが多いです。マージンは事業コストをペイすることを最低条件としますので、事業コストが抑えられた効率的な経営を行っている会社ほど安くすることができます。

金利の安さにこだわる場合、消費者金融会社を選ぶ際に見るポイントは、実質年率の金利水準です。主な消費者金融会社の実質年率の金利水準は次のようになっています。

消費者金融会社実質年率の金利水準
プロミス4.5%~17.8%
アコム3.0%~18.0%
SMBCモビット3.0%~18.0%
レイク4.5%~18.0%
アイフル3.0%~18.0%

利用の際には借り入れ日数も重要

消費者金融選びで注意したいのは、利息が日割り計算であることです。具体的には次のように借り入れ日数が大きく利息に関係します。

・利息=残り元金×実質年率金利÷365日×借り入れ日数

前回の利息の支払い日の翌日から、次回の利息の支払い日までの経過日数で支払う利息の金額が決まります。途中で借り入れた場合は日割り計算で支払う利息の金額が決まります。こうした点から消費者金融選びの際には、借り入れ日数がどのくらいなのか決めておく必要があります。数日といった場合ですと、無利息となるサービスを提供している消費者金融の会社を利用するほうがいいでしょう。

まとめ

金利は金融活動の際に、判断材料となる重要な指標です。期間で短期金利と長期金利に区分できる他、融資の期間中に一定かそうでないかで固定金利と変動金利に、法律の規制を受けるか否かで自由金利と規制金利に分けられます。また金利の考え方には単利と複利があり、これらはお金に関する様々な局面で使い分けられ、私たちの経済生活を支えています。

投資の際には金利だけでも良いのですが、お金を借りる際には金利水準以外に、お金を借りる日数も重要になります。特に消費者金融の場合に支払う利息は年利を元に日割り計算した金利で利息を計算しているため、借りたお金はすぐに返せば無利息となることがあります。







消費者金融


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした