夢のマイホームは人生最大の買い物でしょうか?ローンを有効活用!

住宅・不動産




Advertisement

やっぱり夢のマイホームは人生最大の買い物です!

宝くじが当たれば、ポーンとキャッシュで買えないことはないマイホームですが、宝くじが当たらないので、やっぱり夢のマイホーム人生最大の買い物です!
大金をどこから借りるのかが、大きな課題です。

マイホームを購入すると決めたら

先ず、資金をどれだけ準備できるか考えましょう。
どれだけのお金が使えるかわからないと、買い物は出来ません。
次に、どんなマイホームを買うか、決めましょう。
マンションを買う場合には、土地は必要ありませんが、一戸建ての住宅を建てるには、土地が必要です。
家を建てる土地があれば、土地を買う必要はありませんが、なければ土地を買う必要があります。
一戸建ての住宅でも、注文住宅と建て売りがあります。
最後に、マイホームを買ったときの支払い方法を決めましょう。
全額、現金で払えれば、問題はありませんが、自己資金がいくらあるかで、借り入れする金額が決まるので、よく考えて下さい。
以上のことが決まれば、住宅会社や不動産会社に声を掛けて話しを進めてもいいでしょう。
なぜ、こんな手順で進めるのでしょう。
それは、住宅という商品が「分かりにくい商品」だからです。
食料品や日用品であれば、しょっちゅう買っていますの商品知識や、価格の比較が大体できます。
しかし、マイホームという住宅は、そう何回も買えることがない代物ですから、
何も決めていない状態で、住宅会社や不動産会社と商談を進めていくと、「購入予算」から「購入できる物件」まで、住宅会社や不動産会社の主導で話が進む可能性が高くなります。
住宅会社や不動産会社のスタッフは、さまざま知識と経験を併せもつプロフッェショナルです。
初めてマイホームを購入する人とでは、知識や情報量の差は天と地の差です。
住宅会社や不動産会社のスタッフの主導で話しを進めるのは、決して悪いことではありませんが、マイホームを購入して住み始めてから不都合なことがあった時には、住宅会社や不動産会社のスタッフの主導で話しを進めた場合には後悔する可能性があります。
せめて、予算とマイホームの内容と支払いの方法ぐらいは、決めてから住宅会社や不動産会社と話しを進めることをおすすめします。

忘れてはいけない購入する金額以外にかかる諸費用!

主なものとしては、登記費用(所有権移転登記や所有権保存登記、抵当権設定登記など)、契約書に貼付する印紙税、住宅ローン借入れのための保証料や事務手数料、火災保険料などです。
住宅の評価額や住宅ローンの借入額や支払う年数によって、金額は変わりますが、目安として、新築の場合には購入価額の3~5%、中古の場合には5~8%位です。
金融機関によっては、これらの諸費用を住宅ローンで借入れすることも可能ですが、借入額が増えてしまいます。
原則として自己資金で準備するのが賢明です。

自己資金を補う住宅ローン

自己資金で足りない金額は、住宅ローン借りて支払います。
住宅ローンを借りると、月々返済しなければなりません。
これが、夢のマイホームを手に入れるのに一番しんどいことです。
住宅ローンは、都市銀行、地方銀行・信託銀行・信用金庫・JAバンク・労働金庫や住宅金融支援機構などの多くの金融機関が取り扱っています。
住宅会社や不動産会社のスタッフも住宅ローンが組めないことには商品が売れないので、親身になって相談に乗ってくれるはずですが、返済するのは夢のマイホームを手に入れた貴方です。
住宅ローンの組み方次第で何百万円も払うお金が変わってきます。
あなたの手元に残るお金が200万も300万も違うことがあるので、老後にゆったり旅行に行けるかどうか世界一周にいけるかどうかの分かれ道になる可能性もあります。
住宅ローンは、貴方の幸せを左右すると言っても過言ではないのです。

色々なタイプの住宅ローン、どれがお得か?

住宅ローンには、金利が変動する変動金利型と、貸出時の金利が完済時まで固定される全期間固定金利型があります。
さらに、貸出から一定期間(2年-10年間など)のみ当初の期間だけ固定金利で、固定金利の期間経過後は変動金利に変更される固定期間選択型や固定金利特約型など色々な種類があります。、
「フラット35」などの全期間固定金利住宅ローンは、借りるときに全部でいくら支払うのかがわかります。
例えば、借入2500万円で、金利1.36%、35年返済の場合には、3,143万円の返済と決まっています。
しかし、変動金利の住宅ローンは、金利が何時。どの位なるか予想がつきません。
ローンを組む時には、トータルでいくら支払うかがわからないわけです。
フラット35の3,143万円以上になるかも以下になるかは誰にもわかりません。
ローンを完済しなければ、トータルの返済額は決まらないのです。
変動型が得なのか固定型が得なのかという選択方法で、住宅ローンを選んでも結果は終わってみないとわからないということです。

自分に合っているタイプかどうかで決める住宅ローン!

住宅ローンタイプを決める基準は、変動、固定どちらが自分に合っているかどうかで決めることが賢い選択のようです。
簡単に言うと、金利が変動するリスクはあるが、取り敢えず金利の低い変動金利のタイプを選ぶか、変動金利のタイプより高い金利を払うかもしれないが返済額が変わらない固定金利を選ぶのかということです。
変動金利のタイプの住宅ローンは、その名の通り、金利が変動する住宅ローンです。
金利は半年に1回変動する可能性があり、金融機関によって違うかもしれませんが、大半の金融機関は、4月と10月に金利が変動する可能性があるようです。
変動する可能性があると書くのは、金利が変わらないこともあるからです。
その理由は、短期プライムレートが変わらない場合は金利が変わらないからです。
短期プライムレートは、日本銀行が金融機関に融資する金利である「政策金利」を基準に計算されます。
政策金利を上がると短期プライムレートが上がり、住宅ローンの変動金利も上がります。
現在の日本の政策金利はマイナス金利で、これ以上低い金利がないのです。
日本銀行は、金融機関が預金者から預かったお金を、日本銀行の当座預金に預けるのではなく、企業などへの融資に回して欲しいという考えから、政策金利を下げました。
しかし、日本銀行の当座預金残高を見ると、マイナス金利導入前の2016年1月時点の月中平均残高が254兆8,684億円、2017年2月が327兆8,040億円で増加しています。
これは、日本銀行の思惑は見事に外れ、マイナス金利を導入して1年以上が経過した今も、資金が世の中に出回っていないということです。
今の経済状況では、政策金利を上げると企業は銀行からの融資受けて、設備投資を行うことは全く考えることが出来ません。
当分は、政策金利が上がるとは考えられません。

住宅ローンまとめ

住宅ローンを融資する金融機関は、山ほどあり、ローンの種類も山ほどあります。
まさに借り手が有利な状況です。
Webで、全てが調べることが出来ます。
1円でも無駄にしないように住宅ローンを借りて下さい。







住宅・不動産


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

住宅ローン比較表・ランキング発表!あなたに合うのは固定金利?変動金利?

今回紹介するのは、読者の方にピッタリの住宅ローンが見つかる金利ランキングです。 住宅ローンの金利形態、「固定金利」、「変動金利」、「固定期間選択型金利」を解説しつつ、それぞれ個別のランキングを発表致し …

変動型・固定期間選択型金利の推移予測|住宅ローンの選び方

今回は、住宅ローンの変動金利について過去の推移や将来の動向を紹介していきます。また、変動金利の価格上昇リスクを取り上げつつ、特におすすめの住宅ローン会社まで取り上げていきます。 低金利状態が続く日本で …